HOME > 改善方法 > 低血圧症状を改善するには

改善方法

顧問 …………………………………

本多心身医学研究所 所長   
本多和雄

企画・監修 …………………………

OD低血圧クリニック田中 院長   
田中英高
  • 起立性調節障害 Support Group
  • 病院検索登録受付
  • 起立性調節障害の子どもの日常生活サポートブック
  • 起立性調節障害の子どもの正しい理解と対応
  • 大正富山医薬品株式会社

低血圧症状を改善するには

不快な症状は改善できる

低血圧症状の改善には、必要に応じて薬物治療を行うと共に、日常生活でのちょっとした工夫や生活スタイルを改めることが大切です。

低血圧の症状を改善する薬には昇圧剤、自律神経調節剤などがありますが、血管を収縮するタイプの薬もあり、薬による治療の幅は広がりました。なお、薬による治療を受ける際には、医師の指示により慎重に行う必要があります。

日常生活での注意点

低血圧は日常生活での工夫によっても、不快な症状を軽減することができます。血圧が少し低くても症状がない場合にはそのままにしていてもかまいませんが、血圧が低く症状が強い場合には、治療を行いましょう。

治療の第一歩は、低血圧症状を起こすほかの病気が隠れていないか、病院で検査することです。

低血圧のほかに異常がなく、医師からお薬を勧められなかったら、まずは日常生活を見直すことから始めましょう。
不快な症状は、日常生活を工夫することで、改善が期待できます。

日常生活での工夫
おいしく食べましょう
からだを動かすことが大切

医師に相談を

低血圧の人は、めまいや倦怠感などの症状から、活動性に乏しく、日常生活に支障をきたすことが少なくありません。しかし、低血圧は大出血や重度のやけどの場合に起こる急性低血圧を除き、直接生命に危険を及ぼすことが少ないため、これまで治療への関心が薄かったようです。

低血圧は適切な治療を行えば、さまざまな不定愁訴もなくなります。日常生活を不快な思いをせずに過ごし、生活の質を高めることができるのです。「低血圧くらい」と我慢しないで、医療機関に相談してみましょう。

病院では、一般的に薬による治療が中心になります。低血圧の治療に使われる薬はいくつかあります。なかには、水なしでも飲めるタイプ(口腔内崩壊錠)もありますので、朝ベッドから起き上がることなく飲むことが可能です。

ページの上部へ