HOME > 症状 > 朝起き不良

症状

顧問 …………………………………

本多心身医学研究所 所長   
本多和雄

企画・監修 …………………………

OD低血圧クリニック田中 院長   
田中英高
  • 起立性調節障害 Support Group
  • 起立性調節障害の子どもの日常生活サポートブック
  • 起立性調節障害の子どもの正しい理解と対応
  • 大正富山医薬品株式会社

朝起き不良

朝起きるのがつらい、午前中は調子が悪いという訴えは低血圧の人に多く聞かれます。

人間のからだは、起きて活動しているときは、交感神経が働き、眠っているときには、副交感神経の活動が高まります。低血圧の人では交感神経と副交感神経のバランスが崩れていることが多く、起きても交感神経がしっかり活動してくれません。

そのために、朝起きるのがつらく、起きてからも血圧を調節する働きは半分眠っているため、午前中ふらふらするといった症状が出やすいといわれています。

このような症状は起立性調節障害でも起こることがあります。

この症状のQ&A

ページの上部へ