HOME > 症状 > 動悸・息切れ・胸痛

症状

顧問 …………………………………

本多心身医学研究所 所長   
本多和雄

企画・監修 …………………………

OD低血圧クリニック田中 院長   
田中英高
  • 起立性調節障害 Support Group
  • 起立性調節障害の子どもの日常生活サポートブック
  • 起立性調節障害の子どもの正しい理解と対応
  • 大正富山医薬品株式会社

動悸・息切れ・胸痛

動悸、息切れ、胸痛などは不整脈や心不全などの心疾患や、気管支、肺など呼吸器の病気、あるいは精神的な要因によっても起こることが知られています。また、高血圧症によって起こることもあります。

低血圧においてもこれらの症状はとても多く認められます。血圧が低いことから、全身を循環している血液も減少しています。このため、心臓がより多くの血液を送り出そうとして強く働くことが、心臓がドキドキする動悸などとなって現れるといわれています。

このような症状は起立性調節障害でも起こることがあります。

この症状のQ&A

ページの上部へ